元気

ひさびさ~~~~~~~

元気

最近、俺の人生どこから間違ったんだろうって自問自答を繰り返している日々が続いている今日この頃です。つい半年前まで「祥君、俺と会社をつくろうよ。げははは」などと冗談を言っていたのが、その話も今や現実のものとなりそうな勢い。祥君はブログ上で話してはいませんが、僕らは今、就職活動中の身の上でありまして、そして、そのまま今年の暮れを迎えそうなのであります。

ってなわけで、やれリアが結婚しただのどうしただの、僕にとってはどうでも良い事なのです。ふざけるなと僕は言いたいんですよ。今だって憤りを感じながら、ブログを書いてるところです。黒船、ついに陸地に上がるなんて週刊誌に載ってたりしてましたけど、だからどうしたと、そんな事よりもリーマンショック以後の金融危機をどうにかしてくれよと声を大にして叫びたいところです。

大体にして、リーマンブラザーズも僕が秋就職を始めたばかりのころに破綻しなくてもいいじゃないですか。内定と言う島に一生懸命小船を漕いでいる僕に、いきなり天候が悪化してリーマンショックという大津波ですよ。沈没ですよ。リーマンショックのせいで、今まで受けてきた企業、5社ほど、すぐに終わりましたよ。

「学生時代に頑張ったことは?」

「はい、アルバイトを頑張りました。スーパーの精肉売り場で、リーダーとして2年間頑張ってきました」

「具体的に心に残っている、エピソードはありますか」

「そうですねぇ。迷子の女の子の母親を30分くらいかけて探したことです。私たちの売り場で一人の女の子が一人で泣いていたので、私はその子に、母親の情報を聞き出し、彼女と一緒に、母親を探しました。なかなか見つからなくて、結局は店中を探索してしまいました。結局、彼女の母親捜索に30分を費やし、そのせいで作業が遅れてしまいました。しかし、翌日、その子供と、母親がお礼を言いに来てくれ、ありがとうと言ってくれたときには私は作業を犠牲にしてまでも、彼女の母親を探して良かったなと思いました。私はこのように、人間的魅力が豊かな人間です」

って嘘をついたって、景気が良かった頃は、次のステップに進ませてくれましたよ。次のステップで結局は落とされましたが、でも「俺、そこ2次まで行ったぜ」なんて自慢することが出来たんです。それが今の不景気の中では一発ドボーンです。まったくふざけやがって、この前の面接でもこの話をしたんですけど、面接官の一人が「それは、迷子センターの人とかに任せればよかったんではないんですか」なんて事を言って、すぐに落とされましたよ。まあ確かに「いえ、自分の手で見つけたかったので」なんてお間抜けな答えをした僕にも問題はあるかもしれないけどさ。

まったく、世界はどうなってしまうんでしょうか。それに比べたら、リアの結婚なんてどうでもいいんですよ。僕にとってはどうでもいい。妊娠なんて、生物としてごく当たり前の出来事じゃないですか。良いですか。生殖活動をし、遺伝子をいつまでも継続させるというのが、僕ら生物の使命なんです。ちょっとかわいい女性が妊娠をしたぐらいで、何をそんなに騒いでいるんですか。今日もビデオ店行ったら、リアコーナーってのがありましたよ。ウエディングドレス姿で「最後にかわいがってください」なんて言ってさ。何を言っているんだ。結婚が決まった娘が、そんな破廉恥なことをいいよって。夫がこれを見たら泣きますよ。新婚ほやほやの、妻を他の男に取られるなんて。妻としてあるまじき行為です。恥を知りなさい。恥を。まったく。

結局借りたよ。最後だし、かわいがってやるかとスケベ心丸出しでカウンターにもって行きましたよ。

で、その詩。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

君は見たか

赤いTバック

俺は見たぜ

世界の始まりを

君が何を言っているのか分からなくて

英語を勉強していなかった自分を呪ったよ~~~

嗚呼、グラビア界の黒船~(俺は知ってる。君の好きな食べ物)

嗚呼、グラビアの黒船~(チョコレート、キムチ、焼肉にフォー麺)

君が嫌いなのはラーメンさ

リア、リア、リア、リア

リア、リア、リア、あり

りあ、りあ、りあ、りあ、り~~~~ア~~

あ~くだらね。本当にこれ歌になるのかよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

運命

わたくし、どうでもいいかもしれませんが、この度岩手に帰郷することに相成りました。

なぜかというと、将君と電話で話した時に、岩手トークに盛り上がってしまい、んでば俺も帰るよと言ってしまったからです。ついでに言えば、山形さんが公務員試験のために帰ってくるということもあったかもしれません。というわけで、帰ることに相成ったわたくしなのですが、当初の予定を少しずらしました。本当は21日の夜行バスで帰る予定だったのを今日にしたんですね~。

わたくし若輩者の将君とは違い、真面目に就活をしておる身ですので、そちら方面の予定が入ると、どうしてもそっちに予定をあわせなければなりません。就職活動第一主義!!

ってことでね、今日説明会がありました。銀行関係で、メガバンクの次に有名なところらしいです。説明会は今日で最後ということで、満員、満員となってりましたが、運がよくどうにか予約することができました。こういうことって就職活動しているとよくあるじゃないですか?行きたいなぁって思う会社の説明会が満員で行けず。結局選考はそれでおしまい。ガーン。って事がね。そう考えると、予約できた僕はある意味選ばれた人間といってもおかしくありません。そう、これは運命です。この銀行と私は運命の糸で結ばれているいるのです。

真面目で慈悲深い私は思いました。「予約できなかった、奴らの分まで頑張らないと」・・・というのは、嘘で、「え、この会社そんなに人気あんの?マジで」とね。

でも、怖気づいてもしょうがないじゃないですか。もう入ることが決まっているのですから。なんせ、運命なんです。これはすでに決まっていることなんですから。

そして、今日これから説明会です。

行かないけどね。

めんどくさいから

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ごめんなさい

ひえ~助けて~~~~~~

というわけで僕です。悲鳴には特に意味はありません。

いや~そいや今日は東京に雪が降りました~ロマンチック♪

そんなことはどうでもいいとして、昨日ですねウンコをしました。うん、ウンコ。ウンコです。昨日のウンコは久々にキレが良く、トイレットペーパーもあまり使いませんでした。今日は気分がいいわけです。きっれきれ、きれっきれです。

もし、これがウイイレだったら北沢さん大絶賛です。

「今日の彼はキレてますよ。素晴らしいプレイです」といった具合に。

「ガッツあふれるプレイです」とか

「いやぁ素晴らしい」とかね

もう、俺セリエ行きます。決めました。僕の技術と体力なら誰にも当たり負けしない。うん、そうだ。俺セリエ行きます。ガッツーゾと勝負してきます

ごめんなさい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウンコチャンピオン

はい元気です。いとやばしです。ブログを書くことをすっかり忘れてしまってたわけです。ホントすいませせん。すいません、ホントすいません。旅行に行ってたとか、拉致されたとかそういうのじゃありません。今週はテストやらエントリーシートやらで大忙しだったわけです。

まあ、何はともあれ、おととい猛烈な腹痛を感じてトイレへと行きました。もちろん、下痢ですよ。うんそうです。基本的に腹痛を感じるときは下痢ピーです。万国共通です。ナイアガラの滝のように勢い良く出ました。うふふ、エヘヘヘ。

上着にウンコついちゃった~♪

うふふふ、えへへへへ

白のTシャツの下らへんにべったりです。

どうしてそうなったのか、良くわかりませんが、僕のティーシャツにウンコがついてしまったわけです。

あれ、Tシャツ濡れてんなと思ったらウンコです。興ざめです。逆に興奮で体中が暑くなりました。血の気が引いた後に、大興奮ですよ。うわ、やっちまったてね

チャンピオンのTシャツなんですけど、

泥じゃなくてウンコを塗ってしまったっていうね・・・

これ以上ない仕打ちだね。

チャンピオン、ドーピングで失格って良くあるじゃないですか?

僕の場合、チャンピオン、ウンコで失格!!なわけですよ。

まあ、ここまではいいんですよ。こんなもん、捨てればいいわけだしね。安もんだから惜しむこともないわけ。

問題は、このTシャツをどうやって脱ぐかということなのですよ!!!!

普通に脱いだら、髪の毛にウンコがついてしまうかもしれないじゃないですか。

体にもついてしまうわけですよ。もう若干ついてるけど・・・

まあ、ウンコついたら髪を洗えばいいじゃんかと君は言うかもしれない

でも考えてごらんなさい。

もし、そうなったら

ウンコとシャンプーが混ざり合うということなのですよ

コラボか!!!っていうね。うん、これはまずいよね。

で、結局、頭のビニール袋をかぶってそのTシャツを脱いだわけですよ。

これなら頭につく心配はない。気をつけたおかげで体にもつかなかった。

僕はそれをビニールに入れてゴミ箱に捨てました。

燃えるごみの回収日は月曜日っていうことに気がつきました。

僕は今、ウンコチャンピオンと同じ屋根の下に住んでいます

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日も手抜き

とうわけで僕です。僕はショウ君と違いさぼります。すいません。宿命です。温かい目で見てもらいたいものです。

何はともあれ、クラス会への不満は尽きることはありませんでした。ぐちぐちめちゃめちゃと、立板に水とはまさにこのことです。

といって、この内容を話したら、僕らの数少ない友人を失うことになってしまうので言いません。トットファンなら、それぐらい察しろと、てか、お前らもそういうことあるだろと。

まあ、何はともあれだ、僕らは愚痴に飽きてしまったわけだ。かれこれ、小一時間くらい、クラス会について話していたからね。そしたら、何を思ったのか、ショウ君が僕に女の子を紹介してくれると言い出しましてね、ネズミのくせに。その女の子なのですが、僕らの高校時代において、なくてはならない、マドンナ的存在だったわけです。身内にわかるように言えば、僕の斜め前の人のことです。

ショウ君は僕にアドレスを教えてくれました

僕は早速メールを送りました。

いまだに、メールは返ってきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラス会

はい、失意のどん底にいる元気です。略してSGです。 
なして、僕が落ち込んでいるかというと、先週に行われたクラス会に理由があるわけです。 

そんなこと言っても、クラス会自体はおもしろかったです。ひさびさに会った人もいれば、相変わらずな奴もいました。

クラス会が終わった後のことです。なぜかは分からないけれど、ストレスの溜まった僕としょう君は、愚痴でも話そうとファミレスに行きました。 
めんどくさくなったので、続きは明日書きます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます。元気です。 
父からお年玉もらいました 
一円です 

なめてます。小馬鹿にするためにわざわざ御祝儀袋を買ったそうです。 

見た目で物事を判断することはいけないなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスパーティ

けんごが怖いので投げません。お久しぶりです。元気です。 

まあ、昨日はクリスマスってやつでね。町には、クリスマスツリーやサンタのコスプレをした女の子やら、迷惑なくらいクリスマスです。本当にこいつらはキリストの誕生日を祝っているのかと疑いたくなります

てなわけで、せっかくのクリスマス、一人で過ごすのはもったいない、てか、悲しいので、せっかくだから彼女いない奴らを集めてクリスマスパーティでもしようじゃないかと思ったわけ。ターキーを頬張りながらシャンペンを飲み、彼女がいる人間に嫌がらせの電話をかけてやろうと。 

てなわけで、彼女いない大学の友人に電話をかけたわけ 

誰も出ないわけ。え?何?放置プレイ?無視?みんな彼女できたとか?まさかまさか、そんなことはあり得ないだろ。てことは…無視された?いやいやいやいやいやいや。あれだ、みんなバイトで忙しいんだ。年末だし、クリスマスだもん。みんなバイトに駆り出されてるんだ。 


というわけで、僕は一人でクリスマスを過ごすことになりまして、でも、ケーキは食べたい。クリスマスだもんケーキ食べたいと思って近所のスーパーに行きました。 

カットされたチーズケーキが二個入ったのがありましてね、それを買いました。レジにいたバイトの人が、フォークはいりますか?と僕に聞いてきました。

くださいと僕は言いました。  

店員は気を遣ってフォークを2つくれました 


… 

… 


フォークの一つは未だ使われずに僕の家にあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイト

昨日僕スーパーのバイトだったんです。

かったるいと思ってさ、でも、いつもいつもどおり掃除してるふりをしながらさ、サボってたわけ

そしたらさ、お客さんが僕をチラチラみるわけさ

でさ、僕はおかしいと思ったわけ。なんか変なところでもあるんじゃないかと。

僕の見る限り何もないわけさ。

でさ、みんな俺を見るわけ

でさ、何を思ったかね。


俺をかっこいいと思ってるんだ

って結論にたどり着いてさ

かっこつけながら拭き掃除とかやってさ

ちょっと慣れてるんだぜみたいな感じをだしてね

前髪とかちょっと気にしたりとかしてさ

分ける角度とか気にしたりしてね

歩き方とかジローラモみたいに出来る男を意識してさ

上品なんだけど好感がもてるみたいなね

そしたらさ、お客さんとかみんな俺をみてこそこそと話をするわけ

ヘイ、ベイビー噂話はかんべんしてくれよと思ってたらさ

そしたらさ、レジの女の子が僕のところに来てさ言うわけさ



女の子「げんきさん」

俺「何?」

女の子「あ、元気さん」


俺「だから何だ?」











女の子「・・・は、鼻毛出てます」


・・・・・・昨日の風はやけに冷たかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゅうしょく

はい、ちわ?


ちわ?


俺チワワ〜

というわけで、僕です。昨日とおとといなんですけど、東京ビックサイトで就職説明会があったわけですよ。

で、俺、ニートになりたくね〜しな。というより、はっきり言えばしょう君になりたくないなと思いまして、どげんきゃせんといかんだろ、どげんきゃせんといかんねんと行ってみたわけさ。

広い会場には様々な企業が、説明をしていました。友達に「俺スーツねえから、やっぱ行くのやめるわ」とドタキャンされ独ぼっちの僕は、怖くてびくびくしているです。友達に一人のとこ見られたらどうしようと。元気、大学で友達いないんだ。寂しい奴などと言われたらやだなとね。そんなことを思いながら、とりあえず、入り口そばで説明をしている会社のところに行ったわけです。

学校で言われた通り、僕はノートを取り出してメモを取ります。となりにいる奴が、一生懸命メモをとっていました。負けてたまるかと頑張ってメモをとります。

「というように、我が社はグローバルな展開をしており、それに伴いドメインも変わってきたわけです」

かきかきかきかき

「では、あなたがたの先輩から話を聞いてみましょう」

おぉ〜生の声が聞けるぞ


というような具合に僕は聞いていました。先輩の話が終わり、これで説明は終わりのようです。司会進行役が前に出て、ぐだぐだと社会人について、会社にほしい人材について熱弁しています。そして最後に彼は締めの言葉を言いました。

「みなさん今日は丸紅商事の説明を聞いていただきありがとうございました」


大会社じゃね〜か〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!


俺、何やってんだっての


売上高2兆円の大会社だっての


お前のかなう相手じゃねっての


大会社に僕のようなボンクラ学生が挑戦する


ヤムチャがフリーザに戦いを挑むようなもんだ


一瞬だぞ。指一歩んでシュンだぞ。えへ、人差し指からレーザーでシュンだ。現実世界にドラゴンボールはないぞ。逃げるが勝ちだ。それ逃げろ〜。すたすたすた〜

と逃げようとしたんですが、「どうしたの」と親切な、無駄に親切な丸紅社員に捕まってしまった。


「うちの会社はね〜。みんな仲がいいんだよ〜」


ごめんなさ〜い。ホントすいませんでした

「仕事も面白いしね〜」

知ってます。知ってます。この前テレビ見てました。あなたがたはあっちがわの世界です。ホントすいません。すいません。


などなど、会社についての詳細を僕のようなダニみたいな存在に丁寧に説明してくれました。

「じゃ、最後に紙くれるかな?」紙というのは簡単なプロフィールを書いたものである。

僕は震える手でそれを渡しました。


彼は僕の紙に書かれてる大学名を見たのでしょう


ダニを見るような目で僕をにらみました。一瞬です。刹那なんですが彼は僕をそう見たのです。すぐ、彼は笑顔に戻りました。

しかし、


目は笑ってませんでした。あ〜俺無駄な時間を過ごしちゃったよ。来るんじゃね〜よ。糞大生がみたいな目をしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧