けんごさん

臭い腕輪

お久しぶりです。けんごさんです。

腕輪が臭くて眠れない話です。
書く所がないので、ここに書きます。書く必要もないですが。

私の左腕には革で出来た腕輪がついています。
継ぎ目は無く、完全な輪状です。
何の模様も無く、ただ黒に近い茶色い皮(鉛筆程度の太さ)を輪状にしてあるだけのシンプルな物です。

私はこれを約10年間つけています。
一度も外したことはありません。

なぜか。外れないからです。


店頭にあったこの腕輪(ブレスレットと呼びましょうか)。
恐らくは女性向けの製品だったのでしょう。
男性の腕にはめるには、ちと細いのです。
というよりも、一般的な男性なら手に取る前の段階で自分の手首には通せないと悟るほどの細さでした。
体格によっては女性でも無理でしょう。
手が手首よりも大きい事を考えると、手首まで通すのにかなり苦労する太さです。


私は体の小さい少年で、特に手の小ささや手首の細さはなかなかのものでした。
手が小さいことや手首が細いということは、あまり格好の良い物ではありません。
男らしさ、力強さ、というものが感じられず、私自身もあまり気に入ってはいませんでした。


とある雑貨屋に立ち寄った際、私はこのブレスレットを見つけました。
私は、その細いブレスレットを見て、自分の手首の細さを実感したい欲求に駆られました。
ある種のマゾヒズムとでも言いましょうか。
私は、女性物の中でも細い部類のブレスレットが通ってしまうほど細い手首なのだ、そう確認したくなったのです。
自らのコンプレックスを実感し、自虐のネタにでも出来れば良い
その様な感情だったと思います。


かくして、私はそのブレスレットに手を通しました。
輪の内側と私の手の甲のあたりとが擦れながら、ゆっくりと拳骨を抜け手首に収まりました。

私は予想通りの結果に苦笑を漏らしながら、心のどこかで通らずにいて欲しいと思っていたことも実感していました。


私はそのブレスレットを購入することにしました。
それには大きく二つの理由があります。

一つは、ブレスレットを外すという作業が疎ましかったこと。
もう一つは、このブレスレットを見せることで自分の手首の細さを自虐する為の小道具にすること、です。
手首に通す時に、ブレスレットの内側と手が擦れた為に、手の甲は少し赤みを帯びていました。
ここで無理をして外そうとすれば、擦れた所の皮が剥けたり出血をするかもしれない
そう考えると、わざわざ今外さなくても良い。
そして、後日このブレスレットを持って友人に見せ(或いは実際につけさせてみせて)、自分の手首の細さを自虐できる。
そんなところです。


かくして私は、ブレスレットが手首についた状態で会計を済ませました。
たしか500円ほどの値段だったと思います。

私はそのまま帰宅し、風呂に入りました。
風呂場で石けんなどを使い、摩擦を弱めてから取ろうと考えたのです。

しかし、ブレスレットが外れる直前に私はそれを思い直します。

ここで外してしまっては、明日友人にブレスレットを見せる時は外れた状態のブレスレットを持って行くことになる。
そうすると、自分の手首にこのブレスレットが通り、それが外れたということを証明しなくては鳴らなくなる。
友人たちの目の前でもう一度これを手首に通したとして、その場ですぐに外すとなると、かなり骨が折れる作業になるだろう。
手の皮のダメージも心配になる。
それよりも、友人たちの目の前でこれを外せば、1回で証明することができる。


と、まあこのように考えた私はそのまま寝床につきました。


そして、翌日、私は学校へ行き、昨日のシミュレーションのように己の手首の細さを自虐風にアピールしようとしました。
しかし、よく考えてみれば、手首の細さについて話す機会などそう多くはありません。
なんせ、青春時代の学生ですので、話す事には事欠かず、次から次へと話題は移ります。

その中で、あえてたいして面白くもないブレスレットを使った手首の細さ比べなど、するわけがありません。

私自身も話に夢中になり、自分の左手首にあるブレスレットの存在をすっかり忘れていました。


そうして、その日の風呂場でブレスレットをつけていた事に気付くのです。

前日と同じ理由に、「なんとなく」という曖昧でいて強力な理由が加わり、それからは何となくブレスレットをつけたまま過ごしました。
いつか手首の細さの話題になった時にでも外せば良い。
そのように考えていました。


手首の話題がやってくる前に、腕輪に変化が現れました。
少しずつ硬くなっているのです。
皮で出来ているのですから、毎日の入浴や、屋外での砂、ホコリ、直射日光など様々な要因で質感は変化して行きます。

その変化に私が気付いた時、もうそのブレスレットを外す事は不可能に近くなっていました。

その時には、私自身、そのブレスレットに愛着をもっていましたし、手首の細さの話題に対する執着も無くなっていました。
ですから、外れなくなったと気付いた時にも取り立てて感想を持ちませんでした。


そして、購入当時よりも大分色落ちし、痛んではいるものの、現在も私の左手首にはブレスレットがついています。

前置きが長くなりましたが、そのブレスレットが臭いのです。
肌身離さずに10年
汗や汚れも沢山染み込んでいるでしょう
もちろん、入浴の際はきちんと洗ってはいます。

しかし、濡れた後、半乾きの状態の時に非常に臭うのです。
ブレスレットを鼻まで持って行き臭いを嗅がなければ気付かない程度なので、他人に迷惑が及ぶというほどではないとは思うのですが、私自身が気になってしまうのです。
乾燥する冬場は気にならないのですが、今の季節のように湿度が高いと気になります。


ただ、それだけの話です。

こんなに長く書いてしまいました。


そして笑い所も一カ所も作れませんでした。


なので、お詫びと言っては何ですが、トットキャストを更新します。
こちらのブログではお知らせしていなかったけれど、シーズン6に突入しています。
今回はその4回目です。
べつにこちらに笑いどころがあるわけではないので、なんにもなりません。


こちらからどうぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

親父ギャグ

ハロー世界

ワールドカップで盛り上がっていますが、みなさんはいかがお過ごしですか?

トットちゃん。の活動は停滞中です。

これは非常にストレスですね。

私のストレス発散の場としてもトットちゃん。は重要なんだな、と再認識しています。

トットキャスト用になにか面白い出来事でもないものか、と期待はしているのですが、なにも怒りません。

定期的に道行くおじさんと言い争いになることはあっても、流石の私も年を取ったのでしょう、それ以上の面白い展開にもっていく気力がでないのです。

しかしながら、活動の計画だけはけんごさんとリーダーの間で着々と進行しています。

今日はその一端を公開し、自分たちを発奮させる材料にしたいとおもいます。

まず、トットちゃん。は通信講座を始めます。

ビデオキャストになるのか、YouTubeになるのか、Ustreamになるのか、場は未定ですが動画コンテンツの配信を予定しています。

気になる講座内容ですが、それはやはりトットちゃん。メンバーの得意とする分野になるかと思います。


たとえば、大相撲。

琴光喜の賭博問題をはじめ、昨今の角界には明るい話題は無く、ブラックなイメージばかりがつきまとっております。
これには、リーダーの祥くんも肩を落としています。

なぜなら、祥くんは大相撲観戦(テレビ)に大学生活のすべてを捧げ、ニートとなった今に至っては人生の支えを大相撲観戦(テレビ)に置くというほどの人物なのです。

友達を作ることも、恋人を作ることも、バイトをすることも、職を探すことさえも放棄して大相撲の道(観戦)へ身を投じたのです。
ある時は、「トットちゃん。の活動を放棄し、大相撲(観戦)に集中したい」そうもらした事もありました。
その時は、トットちゃん。メンバー一丸となって、彼に張り手、いやビンタをしてまで彼を思い直させて、何とか土俵際で残しました。

ああ、すいません。つい相撲用語が口を出てしまいました。


とにかく、相撲はトットちゃん。にとって得意な分野なのです。

そこで、トットちゃん。相撲講座ではリーダー祥くんが講師として登場します。
我々は生徒として、彼から教えを受けます。

立ち合いの重要さ

土俵際、残し方の美学

等、一つ一つ、手取り足取り関取、教えていただきます。

そして、最後はリーダーを相手にぶつかり稽古、実践練習です。

そこでリーダーから相撲の奥深さをさらに知り、生徒達は更に相撲にのめり込む事でしょう。


どうです、想像しただけで楽しそうでしょう??

こうご期待です。これはリーダーも乗り気なので、是非実現させたいです。


PS 

トットちゃん。のエコバッグ作成中です。

| | コメント (23) | トラックバック (1)

お茶

こんにちは、みなさん。

けんごさんです。


ほほほ。

トットちゃん。現在は年に二度のバンド活動期間に入っている為に、ブログがおろそかになっています。

だからなんなんだって話やね。


さて、目下トットちゃん。が熱中してるのがPV撮影です。

今までのPV撮影というのはけんごさんの思いつきを、思いついたままに撮るという行き当たりばったりなものでした。
しかし、今回は少し様子が違います。
事前に話し合いを重ね、メンバーが納得できるものを作る為に必死になっているのです。

今までにない充実感を、完成後の手応えに変える為に頑張りたい。


そんなバンドみたいなブログを書いちゃったところで、次に向かいたいと思います。


横浜隼人以外とつえーな。

これから花巻東が一回戦勝ったらこいつらとか。。。うーむ。

おてぃんこ


にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村


うへあえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少しだけはじめ

さて、48時間ルールを時差的な問題でさらっと破ってしまった
けんごさんです、こんにちはみなさんご機嫌麗しゅう

さて、我々トットちゃん。は今日久しぶりにバンドとして活動する予定です。

皆さんのお待ちかね、

被害者多数、

気づき合って生きていく。

そんなぼくら。


トットキャストの出番です。

約8ヶ月ぶりのトットキャスト収録。

今まで溜まったメールやハガキをどしどし紹介していくのでお楽しみに!!


スペシャルゲストの登場もあるかも!?


にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村


きゃー凄くバンドっぽい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らかちのくっろ

こんばんわ、けんごさんです。

いやー
炎上したいね。
ブログ。
炎上したい。


だってたくさんの人がくるんだよ?
コメント欄で言い争ったりしてさ。
慌てて記事削除したりして
それが原因でまた荒れたりして
あーよいなー
炎上したいなーブログ


ただ、炎上する要素が何一つないんだよね。
色々と我々の個人情報を垂れ流してはいるから
とっても燃えやすいブログではあるとおもうんだけど
いかんせん、悪いことしてないからね。
オムツ履いてもらしたりしてるけど
別に犯罪ではないからね
被害者はだれもいないし


あまりにも炎上して欲しいから
「人のブログを荒らしにいこう」
って提案したら
あえなくリーダーに却下されちゃったしね
さすがリーダー
常識的な人間だ
早く仕事みつけろよ


あと、ランキングね。ついにトップ10から落ちてしまったよ…
多分このままだと6位から15位の間をふらふらする小さくまとまったブログになってしまうな。。。
炎上なんて夢のまた夢だ


押尾学を真剣に擁護でもすれば少しは荒れるかもしれないね
思ったんだけど
押尾学がヒドい顔で写ってる写真と
元気が写真に写るときお決まりのあの顔は少し似てる気がする。


昔、偶然にも元気のデジカメのSDカードを拾ったことがあるんだけど
その中の写真の元気の顔はすべて同じ表情だったんだよね
口をこうイーーって広げて笑顔を作ってるやつね


これは以前に書いたかもわからんけど
高校の修学旅行の集合写真に写った元気が全て同じ顔で写ってるという事件があったからね
その時は斜め上の遠くをみて、スマした顔をするってのが定番のキメ顔だったから
数年で元気のキメ顔が変化してるってのがわかる


こんど機会があればSDカードの時の写真やら修学旅行の写真やらを紹介したいと思います。


この夏にリリースを予定しておりましたニューアルバムですが、レコーディングの順調な遅れにより秋以降のリリースになりそうです。
新しいレコーディング環境に対応しきれない影響から、オケ録りがいっこうにすすまず、ヴォーカルを入れる準備が整っていないのです。
今月はけんごさんは日本を拠点にして活動するため、オケのレコーディングを進めるのは困難でしょう。


次善策としては、この夏の期間にヴォーカルだけを録音してしまい、それを素材として持って帰ったけんごさんがレコーディングを完成させるという方法があります。
ビートルズのロングなんたらロードと同じ方法です。
そして、完成した曲を順次リリースしていき、最終的に一つのアルバムとして完成するという。
今はやりの「何ヶ月連続リリース!!」作戦です。
これをモチベーションにして、この夏は活動したいと思います。

みなさんお待ちかねのトットキャストは沢山録りたいです。


にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村


クリックした先のランキング一位のバンド
色々凄いです
音源やら
ライブ映像やらあるんで
のぞいてみて下さい。


この人がどっちかわからないけど
トットちゃん。あるいは羽上元気と同じほうだったら
もの凄く尊敬しますね


尿切れ悪い

| | コメント (7) | トラックバック (0)

素肌

もう、こうなったらananのパロディ写真でも撮るしかねーな。
どうもけんごさんですよ。

さて、静観の構えを見せていた酒井若菜&ビビる大木の交際報道に動きがありました。
ついに大木氏が交際を認めたのです。


いや、いいんだけどね、別に、うん。
うん。いいんだよ、ホント。
実際彼女もいい大人な訳だしね。
ビビる大木のことも嫌いじゃないし、というより応援してるしね。
以前のキングコング梶原との交際疑惑よりは全然マシなんですよ。
ああ、でもね。なんかね。
俺の人生設計の一番大きい部分である、酒井若菜との結婚が遠のいたと思うと悲しいよ。
なんかここ数ヶ月でいいことが一切ないね。ほんとになんもないわ。

・・・そう思ってた昨日までの俺。
でも今は違う。
大川先生に出会えたから。
みんなも入ろう幸福の科学
衆院選は幸福実現党に清き一票を!


あーなんかこういうオチに逃げてしまった自分が嫌だ。
実際話してる時はこういうことばっかり言ってるくせに、文章にするともう少し捻ったものにしたいやね。
そりゃあ今一番面白い存在の幸福の科学を出せば自動的に面白くなりますわよね。
ああ、わかってて書いてしまった。。
こういう一個目の面白いヤツは一番嫌いなのに。。
もう自分がヤダ。
生きてるのに疲れた。。

・・・そう思ってた昨日までの俺。
でも今は違う
大川先生に出会えたから。
みんなもおいでよ幸福の科学
衆院選で日本を変えよう!!

なんなんだ、今日の俺。
なんかちょっと面白いかも、と思ってしまったからこのまま投稿しよう。


さて、祥くんのゲーム日記を楽しみにしつつ、日本一かわいい女性こと酒井若菜ちゃんの写真集でもみて寝るよ。

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (2)

never say good-bye

っていうタイトルにしようかな、ニューアルバム。
どうもけんごさんです。

祥くんはすっかりブログ更新を頑張る気満々ですね。
ゲームを日記としてつけていくとうのも非常に良いアイデアだと思います。
よほど罰ゲームが怖いのでしょう。
とは言ったものの、曹操ことけんごさんが日本に攻め入る日も近づいております。
いくら祥くんが頑張ったところで透けブラは必至なのかも知れませんね。
(あ、透けブラで検索してこのブログに来た人が結構いました。すごいぞ透けブラ。)


祥くんは前回の記事の最後に「全員死ね」と書きました。
これは非常に危険な精神状態です。
無職特有の被害妄想がみられます。
もっと彼は無職であることに自信を持つべきなのです。

そもそも無職というものは本来悪いことではないのです。
古くは江戸の時代、多くの町人は手に職を持たず生活していました。
金が必要になれば日雇い労働や農家の手伝いをし日銭を稼ぎ、手に職がある人でさえ若くして隠居生活を始めていました。
芸術家などもそうです。彼らの多くも定職にはつかず、所謂パトロンと言われる人たちに食べさせてもらい生活をしていました。

祥くんも一応トットちゃん。のリーダー、つまりはミュージシャンという側面を持つ訳ですから、「俺は音楽をやっている。だから定職には就いておらぬ。」こう言って良いわけです。

もちろん反論したい気持ちもわかります。
江戸時代とはすべてが違うのです。
寿命が伸び、社会が発達してしまった今、自分の未来を保障するために定職に就くということは非常に重要です。

しかし、それでも無職=悪という認識は絶対に改めねばいけません。
そういう認識が祥くんのような現代文化の亡霊を生み出してしまうのです。

江戸の無職の町人と、現在の祥くんではいったい何が違うのでしょうか?
双方とも住む家はあります。一応祥くんは長男ですから、岩手県は滝沢村にある家に居座る権利はある訳です。
もちろん、日雇いで日銭を稼ぐ能力もお互いあります。
両者の決定的な違い、それは自由であるかどうかです。
お互いに無職ですが、祥くんは全く自由ではないのです。
世間に縛られ、環境に縛られ、自分の将来に縛られ彼の心の自由は存在しないのです。


ここで、トットちゃん。からの影響を強く受けたであろうバンド、エレファントカシマシの歌をレビュー代わりに紹介したいと思います。
「奴隷天国」というアルバムに収録されている「絶交の歌」という曲です。
この曲が発表された当時、作曲者は20代中頃、全く売れないミュージシャンという現在の祥くんによく似た状況にありました。
歌詞を引用しながら解説していきたいと思います。



「ある日ある夜、友が酒持ってわが家へ遊びに来たが、
何やら言いたげ 話を聞こう。」


「聞けよわが友よ、俺は今日び悠然と働いてきた。
聞けよわが友よ、俺とて生身の男よ。
何だか知らねえが、えらくなるため働いてきたぜ。」

「聞けわが友よ、俺は今に必ずやひと旗上げてやる。
何で黙っとる。
ああ友よ、まじめに聞いてくれ、何か言ってくれよ
言葉をかけてくれよ。」


「聞く耳持たぬ、貴様はいつも口だけで
ああ何もできねえ
貴様、今までに何をしてきた。
貴様、貴様、今まで何をしてきた。」

「ある日ある夜、友が酒持ってわが家へ遊びに来たが
もう絶交だよ。絶交だもう貴様とは。
貴様は言うだろう
明日こそはと希望を持てと
俺は貴様に断言しよう
貴様はだめだ
せいぜい長生きしてがんばれよ。」

と、まぁこういった内容の歌なわけです。
働いて偉くなってやるという友を無視し、絶交だと宣言する無職の俺。
これをどう感じるでしょうか。
「全員死ね」と宣った祥くんの姿と重ねる人も居るでしょう。
友をつまらぬ人間だと感じる人も居るでしょう。


さあて、そろそろ祥くんも恥ずかしさで一杯になった頃だと思うので、ここいらへんでやめますか。
まさか、軽く書き始めたブログが、書いている途中で偶然流れた「絶交の歌」のせいで一気に本格的なものになってしまった。。。
一応調べたけど、ほとんど空で歌詞を書けた自分も褒めたい。


レコーディングしていて感じるのは、リア組曲の元気の曲だけは絶対に歌いたくないってことかな。
かなり完成度は高そうなんだけどね。
どーしよーか、これ。自分で作詞したリア組曲は自分で責任とって歌うことにする?

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村


6位限界説が出てきましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンダーテイカー

祥くんが今にもさぼりそうなので、ここで更新をして、素早くバトンを渡すことで追いつめたいね。
こんばんわ、ハートブレイクけんごさんです。

なんでも、酒井若菜とビビる大木が熱愛発覚したとかなんとか。。。
筋金入りの酒井若菜ファンのけんごさんは、もちろんビビる大木と酒井若菜嬢が仲が良いというのは知っていました。
たびたび酒井嬢のブログにも登場し、慕っている芸人として、友人として、非常に仲良くしているということはファンの間では周知の事実でございます。
なので、今回の熱愛発覚に対しては非常に懐疑的な見方をしています。
古くからの友人関係から恋愛に発展したと言われていますが、まだ双方からの公式なコメントが出ていない現段階では手首を切るのは早いかと思い、カミソリはまだ購入していません。

仮に二人の交際が事実だったとして、双方の年齢を考えると、結婚というものを意識していると思われます。
さすがにそうなってしまった場合のショックを隠しきる自信は、けんごさんにはありません。


さて、現在、トットちゃん。はレコーディングに突入しているわけです。
少しずつニューアルバムの形が見えてきたかな、という印象です。
スケジュール的にかなり厳しい日程ではありますが、なんとかして皆さんのもとへ届けたい。その誰にも要求されていない責任感を胸に抱きレコーディングに励んでおります。


祥くんがブログの更新をサボりたいと言っているので、そろそろサボった場合の罰則について詳しく発表しましょう。

簡単にいえば、「黒いブラをつけて、白いTシャツを着て街を歩いて視線独り占め☆」です。


まず、下着屋に買い物に行くところから始まります。

けんごさん「この人に似合うブラください」
けんごさん「あ、色は黒がいいです」
けんごさん「祥くん、これは?あ、いいじゃん似合うよ」
祥くん「・・・・そうかな?」
けんごさん「うん、すごく良いよ。早速試着させてもらいなよ。」
祥くん「すいません、これ試着してもいいですか?」


この様な会話の後、お気に入りの黒いブラ(または赤いブラ)を購入します。
そして、それを装着し、これまたお気に入りの白いTシャツを着ます。気温的なことを考えてTシャツは薄手のものが良いでしょう。


けんごさん「じゃあ、祥くん。もう君と僕は他人だよ。一切関わらないようにしてくれたまえ」
けんごさん「ほら、はやくどっかいけよ」

そうして、祥くんは透けブラのまま街へ繰り出すのです。
視線が突き刺さるでしょう。
いつもは蔑まれる視線を受ける祥くんへ、敵意を持った視線が突き刺さるでしょう。
彼は、気持ち悪い側の人間ですが、心はあまり強くありません。
そんな彼の心は簡単に折られてしまうでしょう。
悲鳴をあげられるかもしれません。
笑われるかもしれません。
石を投げつけられるかもしれません。
警察を呼ばれるかもしれません。

しかし、彼の行為自体は何ら悪いことではありません。
そこに自信をもてるかがポイントになるでしょう。


祥くん。
ブログの更新、休んでもいいよ。

Ascendancy

買ったきっかけ:
ROCK FUJIYAMAで紹介されてたのを観たんだっけかな?

感想:
メタル新世代の代表格。
メタリカのニューアルバムで示されたリフからリフへとつなぎまくるストイックなメタル、それに至る流れを2006年のこのアルバムからも感じる。
それでいて歌メロが良い。そこが今っぽいメタルを感じさせるね。

おすすめポイント:
ボーカルは日本人とアメリカ人のハーフってこともあって日本でも割と人気のTrivium。
別にどのアルバム聴いてもいいけど、これか次のアルバムあたりから入るのがおすすめ。
エモメタルっていうのかね、歌メロがたまに妙にメロディアス。でもメタル的なアプローチだからメタルファンも納得。
フレーズ的にはハモリが少なくて、リフで押してくるパターンが多いかな。
メタル再ブームな流れを感じた2006〜2007年ぐらいで凄く大事な意味があるアルバムかもね。
知らんけど。

Ascendancy

アーティスト:Trivium

Ascendancy


トットちゃん。はメタル封印中です。

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村


乳首ってすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こころにあな

最近絶不調のけんごさんだよ!
みなさんご機嫌うるわしゅう

あーもうね、俺が女子大生だったら絶対白いビキニ買うね。
んで、もろもろ透けさせながらビーチボールを追っかけるね。

さて、相変わらずなブログランキングは少し様子を見るとして、今日は何か軽い話題で行きたいね。

なんてったって祥くんのハイパーメディアクリエイティングな記事のあとでは何を書けばさっぱりわからなくなるからね。


さて、皆さんは日食みましたか。
そうですか、みましたか。
けんごさんは一切天体に興味がないので話を膨らますことはありません。

けんごさんが観測するのは、女子アナとかそういう類いのものです。太陽が隠れようが関係ありません。

女子アナというものは清楚であってほしいのです。
決してバラエティ番組で芸人をいじったりしては行けません。
具体的には、テレビ東京の大江麻理子アナのような人が理想の女子アナです。


さて、けんごさんは先日ついにトットちゃん。のレコーディングを本格的に開始いたしました。
予定を完全に遅れているので、これからスパートをかけたいと思います。
下手をすると、アルバムのほとんどがライブバージョンになるという危険もあります。
そうなったらライブアルバムとしてリリースされるでしょう。

4TH LIVE TOUR 2009-THE SECRET CODE-FINAL IN TOKYO DOME [DVD]

買ったきっかけ:
買っていない

感想:
一番勢いのある時のライブ。
アジア1のパフォーマンス

おすすめポイント:
ん、実際レビュー書こうとしたら、これをおすすめされたから、観たことないけど書いてるよ。
きっとすばらしいんじゃない?

4TH LIVE TOUR 2009-THE SECRET CODE-FINAL IN TOKYO DOME [DVD]

4TH LIVE TOUR 2009-THE SECRET CODE-FINAL IN TOKYO DOME [DVD]


今日ミッシェルのレビュー書くのは違うと思った、日食の日。
46年ぶりの黒い太陽の日に死んだアベフトシ。
最後まで格好良かったね。

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村

早く1位とりたい

エロいことしかしたくない

| | コメント (0) | トラックバック (1)

真夏の革命

1位は以外と遠いね。
こんばんはけんごさんですよ。


私は以外と糞人間の普通の生活を覗き観てみたいですけどね。


とは言ったものの、祥くんの言ってた通りです。人間的魅力皆無の集団「トットちゃん。」のブログではターゲットというか支持してくれる層が一切解りません。
なぜさりげなくブログランキングが上昇しているのかもわかりません。
早く以前の指定席である2位まで戻したいです。

という訳で、トットちゃん。支持層をどこに狙いを定めればいいのかを探るべく他のブログを研究してみました。
同ランキングに参加している他のブログは何を書いてるのかと見てみると、多くを占めるのはライブ等の告知です。
あるいは自分たちのライブの感想や観客への感謝です。
普段の生活を書いた記事は別段面白いものではありませんから、祥くんの心配する「俺の生活なんてつまらないから、記事にならないよ。」というのは大丈夫です。他のブログも面白くありません。
何と言っても「バンド活動」カテゴリーですから、バンド活動さえしっかりしていれば、「今日はスタジオで練習です。次のライブがんばるぞ!!」なんて笑いどころゼロの記事を書いても大丈夫な訳ですから安心してください。

問題は、トットちゃん。がバンド活動をしっかり行っていないという所ですね。早くレコーディングを開始しましょう。
活動が盛んになれば堂々とバンド活動の報告をこのブログでできます。
というよりも、年間で限られた時間しか活動できないトットちゃん。がなんだかんだでブログを継続させているのが凄いことです。しぼりだしてますね。


さて、何も考えずに書き始めるとこんなにまとまりの無い文章になるものかと驚いていますが、前口上はこれぐらいにしましょう。

ニューアルバムが出来たらPVを撮りたいんですけど、まだ一切アイデアが出てないのよね。
予算をある程度確保できるならレディーガガみたいな衣装も作りたいところなんだけど、現実的には諸々の問題があって、結局はすっかりおなじみにあったOMT(おむつ)になるのかなぁと思っております。
というか、祥くんが以前に存在をにおわせた、ブログランキングで1位を取れなかった、あるいは更新をサボったときの罰ゲーム。あれがなんだかんだでPVになってしまいそうで怖い。
詳しい内容は次回の更新まで取っておくけど、結局PVなんて曲が流れてればそれでいい訳だからね、撮りたい映像を撮って、それをPVって言い張ってしまおう。
今回はPV撮影までは時間的に厳しいかなぁとも思いますががんばりましょう。

なんか真面目に活動のこと書くと超絶つまんねえな。
やっぱりアナルセックスの話にすれば良かった。

DEAD OR ALIVE(CCCD)

買ったきっかけ:
いや、買うのは決まってたけどね。
発売前にライブで披露された「クレッシェンンド・ドミナンド」が素晴らしかったから。楽しみにしてた。

感想:
「ライフ」の次はどっちの路線でくるのかと心配していたけれど、名盤「俺の道」への流れを感じる素晴らしい作品になっていた。
全体にハードでストイックな印象。この時期からしばらくプロデューサーをたてずに活動するんだけど、その間にバンドとしての純度を高めているんだと感じてたなぁ。
個人的にはこの時期のエレカシはかなり好き。
とういかいつでも好きなんだけど。

おすすめポイント:
エレファントカシマシは9月辺りにライブDVDを発売予定なんだけど、それに合わせて今まで廃盤になっていた「奴隷天国」が再発されます。
そしてCCCDだった、この「DEAD OR ALIVE」と「俺の道」もCDとして再発されます。
それを記念してのこのレビューね。

DEAD OR ALIVE(CCCD)

アーティスト:エレファントカシマシ

DEAD OR ALIVE(CCCD)


1位とりたいランキング。

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村

健康には気をつけて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧