« 徹夜 | トップページ | 浮世の夢 »

特に何も

息子「母ちゃん、俺、人生一旦リセットして、そっからまた仲間とか集めて旅に出たいんやけど、旅費くれへん?10万」


母「どうでもいいけど、あんたおしっこ漏れとんで」


てことは全くなかったわけですけど、こんにちは。しょうです。はやいものでもう4月。新しい年度がはじまりましたねぇ。みなさんもここ最近はフレッシャーズと思しき人を見かける機会が増えているのではないでしょうか。なんか、やっぱり希望に満ち溢れていますよね、フレッシャーズたちは。ホント、オーラが違う。街歩いてると、びっくりすることが多いですよ。「あれは聖光気・・・!」って。うん。ごめん。俺、外出してないからわからないや。


フレッシャーズもさることながら、ここ最近はどこもかしこも就職活動ブームですよね。フレッシャーズと同様、着慣れないスーツに身を包んで、おぼつかない足取りで面接に向かう人々が街中にあふれています。まあ、「先月内定もらえたので、ここ最近は大手企業に絞って就職活動を進めています」っていう社会にとって有用な鼻くそやろうも沢山いることと思いますが、「数社エントリーして、試験も受けましたが、中々内定が出なくて困っています」というかわいい女の子も数多くいることと思います。付き合って!!


で、まあ僕はどうなのかというと、前者にも後者にもあてはまらない(女の子ではないという意味ではなくて)、いわゆる「就職活動乗り遅れ組」です。かなり問題です。


まず、「鼻くそやろう組」のやつらは、論ずるに時間の無駄なのでほっとくとして、「かわいい女の子組」は未だ内定が出ていないということですが、就職活動について、まだまだ希望があります。当然、第一志望に落っこちたとかはあるので、そういった意味では希望がないのかもしれませんが、こと、単に「就職する(内定をもらう)」という事象だけを目指すのであれば、沢山の企業を受けることによって場数を踏めるので、その苦労が身を結ぶ可能性はかなり高そうだと判断できます。


これに対して、「乗り遅れ組」は深刻です。この時期になると、かなりの数の企業が選考に入っているので、今からエントリーしようとしても不可能である企業が数多くあります。さらに、ほとんど就職活動をしていないため、面接の経験値が相当低いものと思われます。よって、それだけ「内定」というゴールにたどり着く可能性が低いものと考えられます。そして、大前提として、この人たちには就職活動にたいするやる気がありません。このことだけでも、最早万死に値すると言えるでしょう。


と、なんか思うままにキーボードを叩いていたら、生ゴミ先生の就職講座みたいな様相を呈してきたので、これ以上は書かないことにします。つーかね、何書こうとしてたのか忘れた。就職する前に痴呆だ、これ。そういえば先日、部屋でごろごろしてたら、母親に「あんた見てるとむかつく」と言われました。そろそろ潮時でしょうか。人生の。


☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆


僕のパソコンの壁紙が厳正なる審査の結果、相武 紗季に決定いたしました!どうでもいいよね!卑猥な名前だよね!

|

« 徹夜 | トップページ | 浮世の夢 »

祥くん」カテゴリの記事

コメント

高知行くしかないんじゃない?笑

投稿: 居酒屋 | 2008年4月12日 (土) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451652/20060185

この記事へのトラックバック一覧です: 特に何も:

« 徹夜 | トップページ | 浮世の夢 »