« ゲレンデが溶けるほど濃い死体 | トップページ | ラップ »

家出

突然ですけど


再三言うように、毛髪!お前ら家出しすぎ!そんなに一人暮らしがしたいか!?温厚そうな顔立ちを自称しているこの僕でも、さすがに堪忍袋の緒が切れそうですよ。言っとくけど、一度家出したらもう戻って来られないんだからね!いや、僕としては戻ってきて欲しいよ?できればもう一度、暖かい気持ちでお前らを向かえ入れてやりたい。でもな。それは駄目なんだって。色々頭皮さんにも事情があるらしくてね。だから!わかるよな。もう一度よく考えて欲しい。一時の感情に身を任せて家を出る、なんてことだけはしないでほしい。後で後悔しても遅いんだよ?俺の声が聞こえているなら、今出て行こうとしている君も、少し思いとどまってはくれないだろうか・・・。


めざせ!頭皮環境正常化!でお馴染みのしょうです。愛用の座椅子の周辺に、一人暮らしを志したわが子たちが寂しげに散らばっています。毎日、泣きながらコロコロしてます。一方の頭部はというと、さながら焼け野原です。まだ20歳だよ?一応。何なの?この哀愁。


そもそも、ヒゲボーボー、体毛ゴリラ並みのこの僕が!なぜ頭だけはげる!体毛って、身体を外傷から守る目的で存在しているんじゃないのか?で、あれば頭とは最も守らなくてはいけない部分ではないのだろうか。


乳毛とか必要だろうか?乳毛を引っ張って、「いてっ、いてっ」って言うことが必要だろうか。


ヒゲとか必要だろうか。遅刻しそうな朝、急いで剃ったせいで顔面流血する必要性があるだろうか。そもそもヒゲって何を守ってるの?あごにパンチを喰らっても微動だにしないため?あごヒゲボーボーならパンチもらっても倒れないの?


胸毛だって、スネ毛だって、同様にそれほど重要な存在であるとは言えないと思う。


このように、体毛が身体を外傷から守る目的で存在しているという前提に立つ限り、頭髪は他の体毛に比べて極めて重要な存在であるということが言える。かろうじて対抗できるとしたら、せいぜいチ○毛くらいなものであろう。


にもかかわらず、頭の毛だけが抜け落ちていく僕は、人間として極めて合理性を欠いていると言えるのではないだろうか。自己防衛力の欠如である。




と、駄文を弄しているうちに、文章の終着点がわからなくなってしまったのだが、要ははげたくないってこと。どうせ現時点で人様にお見せできる外見ではないわけだから、はげたって同じだろ?って言うでしょ、皆。でも、よく考えて欲しい。今まであったものがなくなるのだ。この喪失感。わからない奴は、今すぐ髪抜け。根こそぎな。


ということで、育毛剤欲しいです。高級なやつ。






にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ




ただの愚痴でした。すいませんでした。

|

« ゲレンデが溶けるほど濃い死体 | トップページ | ラップ »

祥くん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451652/9241555

この記事へのトラックバック一覧です: 家出:

« ゲレンデが溶けるほど濃い死体 | トップページ | ラップ »